開いた毛穴 閉じる方法 スキンケア

毛穴ハイドロキノンクリーム

 



 

美白効果のあるハイドロキノン配合のクリームを探すのはむずかしいですね。
ハイドロキノンは効果があるのはわかりますが、同時に刺激の強い成分でもあります。
色々調べたのですが、私はビーグレンのQuSomeホワイトローションをつかっています。
理由はハイドロキノンの成分を薄めて、そのかわりに肌の奥まで届く技術を使用しているからです。
結果効率よく、影響を弱めて効果を高めています。実際にシミが薄くなる美白効果を実感しました。
そしてその美白のためのスキンケアがは毛穴の開きにも効果があったことが嬉しい驚きです。
美白も毛穴ケアもスキンケアの基本は同じだから両方に効果があるんだと思いました。
個人的にスゴク気に入ってるのは洗顔料。汚れだけを落として、水分は残してくれます。

 

 

[b.glen]ハイドロキノン配合クリームはコチラ

 

 

 

シミを消したい

 

肌に浮き出たシミはほんの少しでも気になりますね。治療したいけれど、皮膚が弱くてレーザーはちょっと不安…という時は、外用薬でシミ治療を行うこともできます。

 

主に用いられるのはハイドロキノンとトレチノインという薬剤で、それぞれ働きが異なります。またハイドロキノンはトレチノインを併用することで、肌への浸透力を高める効果があります。ハイドロキノンにアレルギーがない人は、一緒に使うのがオススメです。

 

肌の漂白剤 「ハイドロキノン」

ハイドロキノンは一般的なアルブチンやコウジ酸などに比べ、約100倍もの美白作用があると言われ、「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白剤です。

 

シミやそばかすの原因であるメラニンは、メラノサイトと呼ばれる細胞内で作られます。ハイドロキノンはメラノサイトの活性を抑えてメラニンの新たな生成を抑制すると共に、メラニン自体の数を減らす働きもあります。

 

日本では厚生労働省によりハイドロキノンの配合は2%まで許可されており、市販の化粧品にもごく微量含まれたものがあります。2%以上の濃度のハイドロキノンは、病院での処方が必要です。

 

肝斑(かんぱん)のようなシミにも効果的

 

肝斑(かんぱん)や炎症性色素沈着(皮膚が炎症を起こした後に出るシミ、色素沈着)、老人性色素斑(いわゆるシミ)、雀卵斑(そばかす)などに効果があります。予防的効果だけの美白剤と違い、できてしまったシミを目立たなくする働きもあります。

 

間違った使用法は肌トラブルの原因になるので注意しましょう

 

アレルギーや炎症反応を起こすことがあるため、必ずドクターの処方のもとで使用しましょう。用法や用量を誤ると、まれに肌の一部分が白くぬけてしまう現象(白斑)が発生します。長期間の使用により紫外線に対する防御が働かなくなるおそれもあるため、いずれにしてもドクターによる診察や説明が不可欠です。

 

人によってはかぶれたり、ヒリヒリとした刺激がある場合があります。赤みや刺激が強い場合は使用を中止し、医師に相談してください。

 

外出などで強い紫外線を浴びると、シミが濃くなることがあります。日焼け止めを塗るなどして、なるべく日光に当てないようにしましょう。